オーリスタットで痩せるメカニズム

肥満を気にする女性
痩せるためには、食事などから体に取り入れられるカロリーを少なくするのが一番です。
肥満の多くは、基礎代謝や運動など日々の生活で使うエネルギーより多いカロリーを摂取していることが原因です。
エネルギーとして使われなかったものは、脂肪としてたくわえられて結果的に肥満になります。

それでは、体に取り入れるカロリーを減らすには、食事などで摂取する量を減らすか、摂取したものを体へ吸収されないようにして、そのまま体外に排出するかの2通り考えられます。
前者は、普通のダイエット方法で、多くは空腹感に耐えられずに失敗することも少なくありません。
後者は、食事の摂取制限など関係なく、主に薬によって体内に脂肪などの栄養分を吸収しづらくします。

さて、後者の方法で痩せるための薬にオーリスタットというものがあります。
このオーリスタットは、海外でよく使われている薬で日本では認可されていません。
海外では肥満の主な原因と考えられるものに、食事から摂られる脂肪分があります。
メカニズム的には、摂取された脂肪分の腸での吸収を阻害して、そのまま排泄させるという単純なものです。

この薬を服用していますと、食事に制限がありませんので比較的簡単に痩せられるそうで、実際にオーリスタットを服用するテストでは、効果が認められるという結果が得られています。

使用上の注意点としては、脂肪分に溶ける性質のあるビタミン等が、脂肪分と共にそのまま排泄されてしまいますので、欠乏しやすくなります。
そのため、このような脂肪分に溶けやすいビタミン等の摂取量を意識的に増やすことが必要になります。
また、脂肪分がそのまま腸を通って排出される関係から、便の排出に障害が出ることもあるといわれています。